SSブログ

ミスター・バーリング。-登場人物紹介- [Cabin Pressure(総合)]

まずはお知らせです。先日コメント欄で「記事を広めたいのでツイッターボタンを押していいですか?」とお問い合わせをいただきましたが、どうぞご自由にお使いください。制限はありません。特にあの見事な飛行機動画を広めていただけると、私も大変うれしいです。よろしくお願いします。

さて、1日遅れですが、Happy Birling Day!そう、昨日ラグビーの6カ国対抗戦の決勝が行われ、今回は見事にウェールズが優勝しました。ミスター・バーリングもさぞ喜んで酔っ払っていることでしょう…えっ、ミスター・バーリングが誰かって?それはあの…あれですよ、CPに時々出てくるあのしょうもない酔っ払いのおっさん…という訳で、いい機会なので、今日はミスター・バーリングを紹介します。

Mr. Birling(以下ミスター・バーリング): S1Ep5 Edinburghで初登場。S3Ep2 Paris、S4E1 Timbuktuにも登場します。サセックスに大きな家を持っているお金持ち。年に一度開催されるラグビーの6カ国対抗戦(Six Nations)の決勝を見に行くのに、毎年MJN AirをチャーターするMJNの上顧客です。そのため、クルーは決勝の日をBirling Day(以下バーリング・デイ)と呼んでいます。わがままで粗野で毒舌なのですが、いいサービスをするとチップをはずんでくれるため、クルーは毎回ご機嫌取りをします。最初は嫌がっていたマーティンも、チップの額を聞いてからは次第にご機嫌を取るように…どれくらい毒舌かと言うと、あの陽気なアーサーを落ち込ませることができるくらいひどいです(すごい!)。お酒が好きで、高級ウィスキーのタリスカが特にお気に入り。そのため、キャロリンはバーリング・デイのフライトには特別にタリスカを用意しますが、ダグラスがいつも盗んでしまうため、毎回キャロリン×ダグラスのバトルが繰り広げられます。ミスター・バーリングにはエリザベスという奥さんがいます(S3EP2に登場)。なかなか強い女性で、MJNのクルーには威張り散らしているミスター・バーリングも、彼女には頭が上がらないようです。ちなみに、ひいきのチームはウェールズ。

演じているのはGeoffrey Whitehead(ジェフリー・ホワイトヘッド)。舞台、テレビ、映画、ラジオドラマ等で幅広く活躍されている俳優さんで、特にラジオではコメディ作品に多数出演。ジョンも実力を高く評価しています。英語のWikiをさっとチェックしたところ、80年代のテレビドラマ"Sherlock Holmes and Doctor Watson"でホームズを演じているんですね。動画を発見したので、貼っておきます。(その他詳しい出演作品は英語Wiki等を見てください)

SHERLOCK HOLMES AND DOCTOR WATSON 1980 - Geoffrey Whitehead, Donald Pickering


80年代なので、さすがに映像が古いですが、ジェフリーとても整っていて素敵じゃないですかっ!ちょっとかわいいかも。ホームズと言えば髪が黒いというイメージなので、この髪の色はなんだか新鮮です。かなり気になるから、後でもう少し動画探してみようっと。それにしてもこの方が今やミスター・バーリングか…うーむむ。役者さんて本当にすごいです。
タグ:登場人物
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

まゆみ

CPのミスター・バーリングのイメージとは似ても似つかぬ、若き日の見目麗しきジェフリー・ホワイトヘッドさんに、ぶっ飛びました。全然結びつかないんですけど。確かに、俳優さんはすごいですね。
この中で、ハドソン夫人が "I am his housekeeper." と言っている場面で爆笑しました。

by まゆみ (2013-03-19 08:42) 

しましま

reikさん?!ミスター・バーリンがこんなに美声年だった?!
・・・あまりの衝撃にクラクラきました。
じ、実は、私は例の世界で一番有名な20世紀のホームズ役者さんは
苦手で、あまりあちらを見ていないので逆にバーリン=ホームズに
違和感もなく・・・・
この衝撃を他にも知ってもらいたく、さっそくツイットボタンを
押してみましたよ!
一番嫌いだった酔っぱらいのオッサンに俄然興味がわいてしまいました。
紹介ありがとうございます。


by しましま (2013-03-19 21:30) 

riek

*まゆみさん

最初名前でググったところ、何かホームズ風の画像がでてくるな…ひょっとして、と思ったらWikiに作品名があったんです。そこでさらに検索したところ、これを発見したわけで。昨晩のうちに記事をあげてしまおうと思い、眠い目こすりながらやっていたのですが、動画を見たら一発で目が覚めてしまいました(笑)いやー本当になんでしょう、この美青年ぶりは。。。

ひょっとしたら『Sherlock』のハドソンさんのセリフは、この "I am his housekeeper." から来てるのでしょうか?何せモファティスですから…。
by riek (2013-03-19 22:19) 

riek

*しましまさん

いやーほんと衝撃ですよね。ハークのゴールド・ブレンドCMもウケましたが、インパクトはこちらの方が強いかも。年が若いせいもありますが、声もぜんぜん違いますし。(でも最近の画像を見たら年相応というか…バーリングでもおかしくない感じ?)まだVTRも大して普及してないころでしょうに、よくこんな映像があったなぁ、と感心しきりです。

ツイッタボタン、ありがとうございます。なんだか私も興味がでてきました。バーリン=ホームズ、何作かつべにあがっているので、後で見てみようと思います。。どんどん時間が足りなくなるなぁ…
by riek (2013-03-19 22:31) 

tikitiki

はじめまして。最近になってCPを聞きはじめて、今、とっても夢中になっています。(今S4E2を聞き終わったところですが、もうすぐ終わっちゃうと思うと先に進みたくないほどです!)
このSherlock Holmes and Dr. Watson は、昔、NHKの英会話プログラムでテキスト映像になっていたことがある番組で、とてもなじみが深かったものだったので、まさかこの時のホームズがMr.バーリンだったとは!!!と、衝撃です。
ジョン・フィリモア氏のブログの翻訳など、とても楽しく興味深く各エントリを読ませていただいてます!いろんな情報をありがとうございます!
by tikitiki (2013-10-27 01:32) 

riek

*tikitikiさん

はじめまして!ようこそようこそです。CPを最近聞き始めたとのこと、すばらしいですね。しかももうS4E2までいっているとは…でもハマってしまう気持ちはわかります。後4エピソードですが、どうぞ楽しんでくださいね。

英会話プログラムのSherlock Holmes and Dr. Watson、ご覧になってたんですか!!うらやましいです。何で自分は見逃していたのかしら…。ホームズで英会話、しかもあのハンサムなホームズなら一生懸命観たと思います。それがCPではMr.バーリング…さぞ衝撃だったことでしょう。もしこのホームズがイギリス国内でも放送されていれば、S3のParisエピソードは新旧シャーロック対決だったかもしれないと思うとちょっと残念です。

最近はダグラスことロジャーさん追っかけブログと化していますが、ジョンの記事もまだあるので機会を見て記事をアップできたらと思います。元々備忘録もかねて始めたブログですが、お役にたっているのならこんなにうれしいことはありません。読んでくださって本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

by riek (2013-10-27 21:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます